食の知識があなたを変える!オードブルで全国食べ尽くしツアーへ

ビジネスで食を活用

地元に長い間帰っていないと、郷土料理が恋しくなることはありませんか?
小さい頃によく食べていた料理は、大人になっても覚えているものです。
故郷を想う心は、誰しも持っています。
そのような想いを上手に活用することが、ビジネスで成功する秘訣になります。
取引先相手との会話で出身地の話が出たとき、その土地の食に関する話題から、話に花が咲くこともしばしばです。
仕事上の接待でパーティーや宴会を主催する場合、相手方の郷土料理をしておけば、有利な話題を1つ確保したことになります。
郷土料理の知識が役立つのは、接客のときだけではありません。
人類が発展した影には、必ず食文化が存在します。
食文化とは、その土地の風土や産業など、様々な要素が複雑に絡み合って成立するのです。
すなわち、食への理解が進むにつれて、その地方に関する基本的データが頭に入ってくることになります。
そのような知識は、仕事をするうえで決して無駄になりません。
むしろ、自分のスキルアップにつながるといって良いでしょう。
食文化を深く知るには、実際に食べてみるのが1番です。
しかし、地元のものを食べるといっても、その土地にわざわざ行くのは大変ですよね。
現代において、郷土料理はその土地だけのものではありません。
オードブルとして売られているものを食べれば、仕事を円滑に進めるためのツールをゲット出来るのです。

お腹を満たしつつ、スキルアップが出来ると考えればとてもお得に思えませんか?
日本全国のご当地料理とオードブルの上手な利用方法について詳しく見ていきましょう。
フレンチスタイル

北の海の恵み

北海道の魅力といえば、美味しい海の幸です。
サケやニシン、タラなどを使った料理を、北海道の人たちは当たり前のように食べてきました。
ニシンを使った料理代表例として挙げられるのが、三平汁です。
コンブでとった出汁にジャガイモやダイコンを入れて、ぶつ切りにしたニシンを加えます。
海の幸と野菜の風味がミックスされた香りに、故郷を思い出してしまう方もいることでしょう。
その他にも、ニシンの昆布巻きやオロシャ漬けなど、1年を通してニシンを食べる習慣があります。
北海道では、サケと味噌、野菜を鉄板で焼くチャンチャン焼きという食べ物が、アウトドア料理として親しまれています。
パーティーなどではおもてなしの意味を込めて振る舞われるのです。
ジンギスカンも忘れてはいけません。
北海道のスーパーではジンギスカン用の羊肉が普通に売られています。
札幌以南の人々は、ジンギスカン専用のタレを焼いた肉につけて食べます。
一方、札幌より北に住んでいる人たちは、味付きの羊肉を好んで食べるのです。
2つの食べ方を比べてみるのも面白いですよ。
北海道産の野菜は羊肉との相性が抜群だったため、地域に根差した料理となりました。
道南のイカ、道北のカニなど近海で捕れる海産物は、捌き方によって大きく味が変化します。
イカ飯やイカそうめんなどは、慣れていないいと作ることは困難です。

そういった料理を気軽に食べたいときには、オードブルのケータリングサービスを利用しましょう。
自分で捌くのは大変ですし、後処理も面倒ですよね。
仲間や友人と宴会をする際にケータリングを使えば、盛り上がること間違いなしです。
 

更新履歴