みちのくの食文化

みちのくの食文化

東北地方は、その広さゆえ地域ごとに独自の食文化が発展しています。
青森では、タラが冬を越すために必須の食材として食べられてきました。
じゃっぱ汁とは、タラの身肉以外を出汁として使い野菜を加えた料理です。
生臭さを消すために、赤味噌を加えるのがポイントになっています。
タラを昆布で締める、味噌漬けにするなど、
青森の人たちはタラと共に冬を生き抜いてきたのです。
岩手県は、太平洋から吹く海風が稲をダメにしてしまうため、
ソバなどの雑穀を中心に農業を展開していました。
岩手といえばわんこソバが有名ですが、それ以外にもソバの食べ方が存在します。
サケの筋子を混ぜた「はらこソバ」、
お弁当箱の様なお櫃に薬味やソバを入れた「ひっこソバ」は、郷土料理として古くから食べられているのです。
宮城県では、近海で捕れる白身魚を使ったかまぼこ、通称笹かまぼこが名物です。
イワナなどの海産物に赤味噌をつけて食べるという方法は、地元の方でなくても食欲を刺激されることでしょう。
秋田県といえば米どころのイメージですが、ハタハタという魚をめでたいときに食べるという独自の風習があります。
お寿司やお雑煮の具材として食べるハタハタは、あっさりとした風味で出汁の味を引き立ててくれるのです。
山形や福島での芋煮会のように、東北地方には美味しい食材をみんなで分かち合う風習が浸透しています。

オードブルとして食べるには、打ってつけな食文化なのです。
 
東北出身の人を接待するパーティーや懇親会などでは、
地物の魚と芋煮を提供してあげると笑顔が見られることでしょう。