食の力を実感せよ

食の力を実感せよ

近畿地方では、粉物文化が深く浸透しています。
たこ焼きやお好み焼き、ネギ焼きなどは、関西の方にとってのソウルフードです。
海の無い地域では、京野菜や山の幸を用いた田楽、飛龍頭といった料理が食べられていました。
中国、四国地方では、瀬戸内海周辺の海産物が食文化に大きな影響を与えています。
タイやカツオ、フグといった高級魚が盛んに捕れるため、それらを糟漬けにするなどといった食品加工技術も生まれました。
山陰地方に伝わる「いとこ煮」という料理は、小豆や蒲鉾が入った汁物です。
冠婚葬祭では欠かせない料理として、現在まで伝わっています。
九州の食文化はさらに複雑です。
長崎名物のチャンポンやカラスミは、中国の影響で生まれたといわれています。
また、九州の日照時間は長いため、本州では育てにくいトマトや柑橘類、スイカといった農作物の生産が行われていることにも注目です。
鹿児島では、名物の桜島大根やシイタケなどを具材とした集汁という汁物が飲まれています。
沖縄の食文化は、北海道と同様に独自の発展を遂げてきました。
ラフテーやあしちび、そーきー汁といった料理で、豚を骨まで余すことなく食べることがその代表です。
チャンプル料理とは、ゴーヤだけではなく豆類やおからなど様々なものを炒めて食することを指すのです。
これまでご紹介した通り、日本の食文化はその土地の地域性を色濃く表しています。
オードブルで郷土料理を食べるということは、全国を旅行しているに等しいのです。

 
各地の味を覚えたら、セミナーや懇親会の席でそのツールを利用してみましょう。
オードブルが、楽しく美味しくあなたのスキルをアップさせてくれますよ。