複雑に絡み合う食文化

複雑に絡み合う食文化

関東以南では、明治以前から物流が盛んに行われていたこともあり、
各地の食文化が複雑に入り乱れています。
関東地方の特徴を見ていくと、茨城県のアンコウや千葉県のイワシといった
海産物を好む地域と栃木や群馬のように農産物を好む地域に分かれています。
北関東の郷土料理である「しもつかれ」とは、野菜やサケの頭を大根おろしと混ぜたものです。
群馬県では、水沢うどんが古くからの伝統料理として市民に親しまれてきました。
北陸地方では、日本海の恵みをふんだんに使った郷土料理が見られます。
富山県や石川県のかぶらずし、福井県の柿の葉寿司などがその代表です。
米の生産が難しかった山梨県では、「ほうとう」という小麦仕立ての麺が現在でも食べられています。
同じく小麦粉を生地にしている郷土料理が、長野県の「おやき」です。
四季折々の食材を生地に包んで焼き上げたおやきを、家族そろって食べる習慣があるのです。
岐阜県では長良川で捕れるアユ料理が有名です。
東海地方における魚介の宝庫として知られる静岡県はで、カツオやウナギ、イノシシが伝統的な食材になります。
愛知県の「きし麺」や「名古屋コーチン」はもはや全国区の知名度ですよね。
簡単に作れそうな郷土料理でも、地元の味を知っている人が作った方が美味しいのは当然です。
物産展やアンテナショップなどで売られているお土産の中には、郷土料理をオードブルとして手軽に食べられるものもあるためオススメです。

新入社員の歓迎会や懇親会で、地元の料理を出してあげると、彼らもその場に溶け込みやすくなるでしょう。